支障をきたす前にアモバン!久しぶりの通販と初めての睡眠薬

カテゴリー

超短時間型睡眠薬

超短時間型睡眠薬

フランスの製薬会社ローヌプラン製薬が開発したアモバンですが、世界の誕生は1987年でフランスではImovane名義で販売されています。
日本では2年後の1989年中外製薬会社、吉富製薬会社が提携して販売し、現在ではサノフィが製造し日医工株式会社が販売しています。
メインの成分はゾピクロンで非ベンゾジアゼピン系のさらにシクロピロロン系に分類されていますが、作用的にはベンゾジゼアピン系と同等だと考えられています。
睡眠薬は薬の最高血中濃度に達する時間や半減期などで作用時間を表しますが、アモバンは睡眠薬の中でも超短時間型に分類されます。
超短時間型の半減期は2時間から4時間で一番即効性があると考えられます。
早い人だと服用後すぐ効果を得られるので、なるべく早く就寝体制をとるようにしてください。
服用後ふらつきなどを感じる人もいますので、外出時などは決して服用しないでください。
超短時間型の睡眠薬は入眠障害の人などが適しており、途中で覚醒してしまう人や長い時間寝れない人などはあまり向いていないと言えるでしょう。
4時間ほどで薬が抜けてしまいますので、逆に夜中起きてしまい不眠症になってしまう可能性もあります。
寝つきが悪い人など向けとなっているので、入眠に時間がかかってしまう人向けといえるでしょう。
アモバンは通常病院で診断してもらい、処方箋をもらう必要があります。
しかし海外から通販することで、実は処方箋などがなくても手に入れることはできるのです。
海外通販と考えると難しく考えがちですが、インターネットなどで代行サイトなどを捜し通常の通販と同じように購入すれば大丈夫なのです。
もちろん購入できる個数や、個人で利用するなどの制限はありますが、ほとんどの人が簡単に購入することが出来ます。
海外からの購入ですので時間がかかってしまいますが、それらの点をすべて考えてもメリットのほうが多いでしょう。
リスクももちろんあります。
海外の治療は日本の法律では守られていませんのですべて自己責任となります。
使用する際は必ず決められた用量や用法で、乱用などはせずに使用してください。
副作用などで心配なときはかかりつけの医師などに相談しましょう。